ちょっと一息 アロマな話題も

新コラムでは、ちょっと一息ティーブレーク的なコラムも書いていこうと思います。その話題は、バレエとはちょっと離れますが、アロマテラピー。

 

バレエと同様、とても長~いおつきあいです。

 

実際に出会ったのは、1996年か7年、初めて手に入れたエセンシャルオイルは『ティートリー』でした。

 

今でもこのティートリーにお世話になっています。実に20年以上つかっているオイルで、私のセルフケアには欠かせないオイルになっています。

 

アロマオイルのいいところは、ビンのふたを開けるとさあ~と味わえる良い香り。ローズゼラニウムやラベンダーなどのお花の香り系やグレープフルーツやオレンジなどの柑橘系だと、ひと嗅ぎしただけでスッキリした気持ちになれたりもしますよね。

 

コレは、エッセンシャルオイルの成分と脳の仕組みの問題なのですが、小難しいことは脇において、とにかく香を楽しむのが一番いいですよね。

 

一時期は、ほぼ全種類のオイルをそろえていろいろ試していたこともあるのですが、今ではいつも手に取る常用の数種類に落ち着いています。中でも、ティートリーはオススメなんです。

 

香り自体は、フローラル系のかぐわしさではなく、スッキリ系、簡単に言うと樹木の香り。

和製オイル、ヒノキのエッセンシャルオイルもあるけれど、アレルギーがあるひとも少なくありませんよね。

ヒノキのオイルは抗菌、抗ウイルス効果が高いオイルとして有名ですが、ティートリーも同じように抗菌、抗ウイルス効果が高いのです。

 

踊っているとどうしても足部、膝下は疲れやすくなりますよね。その時のケアのぴったりなのがこのティートリー。抗菌、抗ウイルス効果のあるこのオイルのお陰か、足部のむずむずの原因水虫にも煩わされたことはありません。

 

院内では、ティートリーかヒノキオイルを元にしたハンドローションを常備していますので、香が気にある人は一声かけてくださいね。

 

そう、セルフケアでオススメしている足湯。これにティートリーのオイルは絶対オススメ。レッスンでうまくいかないことがあっても、この香で足湯しているとスッと気持ちが切り替えやすくなりますよ~