前ももの張りがなくなってくるバレエ鍼灸

深層筋のコリをほぐすバレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ
筋肉はこんなふうに筋膜に包まれた束があつまっているのです

『お陰様で、前ももの張りがなくなってきています。それも長い間落ち着いているので助かります。』

股関節の痛みを訴えて来院されたHさん。開きづらい方の脚にはどうしても負担をかけてしまいやすくなります。股関節の可動域自体は、一人ひとりの骨格によって決まってしまいます。可動域を広げようと無理にゴリゴリストレッチをしてもそれは逆効果になりやすい。どうすればいいかというと、腰をしっかり上げることが大切なのです。

それは解っていてもなかなか難しいのが現状。どうしても腰から骨盤周囲、大腿に負担がかかっていくのです。こういうケースでは整体よりも深層筋のコリにしっかりアプローチできるバレエ鍼灸が最適です。

筋肉は、筋膜に包まれて更にいくつもの筋肉が重なっています。特に骨盤周囲と腰の筋肉は、何層もの筋肉が走っているので硬くなってきてしまうと、それぞれの筋肉がうまく動かなくなっていきやすい。
よくテニスボールでお尻のくぼみをゴリゴリするといいと言われていますが、それはどちらかというと筋肉の質が柔らかいタイプだと効果があるのですが、ストレッチをしても、マッサージをしても何かが違うという時は、更に筋肉を硬くさせてしまう場合もあるので要注意。

鍼とお灸の優れたところは、皮下に刺激を届けることができること。これが深いところにあるコリを解していきます。

リンバリンクでの伸びが今ひとつ。レッスン後もすっきりしないという時には、バレエ鍼灸が役に立ちますよ。