バレエ治療院 院長 市川淑宥子(ようこ) プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
バレエ治療院 鍼灸スペースあんじゅ 院長

 

バレエ鍼灸師
バレエ解剖学講師
バー・アスティエ講師

 

資格

◆鍼灸師(厚生労働省認定国家資格)

◆Barre au Sol (バーオソル)バー・アスティエ講師(NPO法人日本バー・アスティエ協会
◆アロマテラピー・インストラクター(公益社団法人アロマ環境協会
 
卒業校
◆青山学院大学-文学部西洋史学科専攻
◆University Sheffield ELT-ビジネスコース
◆人間総合科学大学鍼灸医療専門学校-東洋医療鍼灸科
バレエのケガの治療、バレエ治療院あんじゅ
バレエ治療院あんじゅ院長

外部講師歴

尚美学園大学 ライフマネジメント科ゲストティーチャー(2014年1月 領域別舞踏実習)
一般社団法人日本バレエワークアウト協会 インストラクター更新研修担当(2014年より)

芸術家のくすり箱 ヘルスケアセミナー2015講師(2015年6月6日)

 

NPO法人バー・アスティエ協会主催  日本人講師による講習会abajクラス(2015年6月21日)発展クラス担当

 

他講師活動については、活動レポートをご覧ください。

 



ヒストリー

バレエ鍼灸、バレエの解剖学、フロアバレエ
バレエ治療院あんじゅの活動

宝塚にあこがれ15歳でバレエを始める。その後、社会人でバレエを再開した際、RAD教師と出会い解剖学に目覚め、バレエのレッスンをしながらバレエ・ダンスの解剖学の追究を深めていく。その後、自らのケガが大きな転機となり、バレエのための治療を確立したいと鍼灸師の国家資格を取得。

 

東洋医学的な鍼灸治療に加え、バレエ・ダンスの解剖学をベースとした【バレエ鍼灸】を確立、徹底的にバレエ・ダンスにこだわったセラピーを展開する。パリオペラ座・ドレスデン国立バレエのダンサー、ロシア国立バレエ団のダンサー、他、国内のダンサーの治療に携わり高い評価を得ている。
 
バレエ鍼灸・バレエ治療院立ち上げにはこんな秘話がありました

15歳 宝塚受験を目指し、貝谷バレエ学園でバレエ始める
1996年 バレエに復帰
1998年 RADの資格を持つ安田ゆに先生に出会う
1998年 エアロビクス養成講座にて解剖学を学ぶ
2000年 芙二式ダンスセラピーに出会う
2001年 日本ダンスセラピー協会の講座を受講始める
2001年 はじめて急性坐骨神経痛を体験
2002年 坐骨神経痛再発

2002年 『パキータ』の第一ソリスト役踊る
2003年    人間科学総合大学東洋医学鍼灸科入学
2006年    厚生労働省認定 鍼灸師国家資格取得
2007年    日本伝統医学研修センター入所
2008年    バレエ鍼灸を四谷ではじめる
2011年 新宿南口・代々木に移転
2013年 一般社団法人日本バレエ・ワークアウト協会理事就任
2013年    Barre au Sol バー・アスティエ講師資格取得

2014年 尚美学園大学でバー・アスティエクラス担当

2014年 あんじゅ主催のバー・アスティエクラス開始

2015年 芸術家のくすり箱・ヘルスケアセミナーにて「解剖      学+フロアバレエ」を担当

2018年 バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ創始10周年をむか    えました