幼少から続けているのに未だお腹やお尻が出る理由

バレエのレッスンでお尻が出てしまう理由は

お尻が出ると指摘されて、それがどうしても自分で修正しにくい、と来院されたMちゃん。
立っている姿を診た状態では、どうにもお尻が出ているようにはみえない、、、 ではいつお尻が出ていると言われるの?と聞いてみたら、『プリエ、特にグランプリエの時です』と返ってきました。
 
なるほどね、これでお尻が出る、という理由が分かりました。
 
グランプリエは、一見すると腰が落ちて膝が横に広がって(ターンアウトして)いる状態と理解されがちなんですが、一番大切なことは、腕でしっかり体幹を支えて、重心が落ちすぎないように下に(=床に)プリエしていくわけです。 要は、膝の屈伸運動ではなく、膝を外に広げるためにやるのではなく、あくまで体幹をしっかりキープした上で深いプリエができるようになる、つまりはバレエにおける体幹トレーニングでもある訳なんです。
 
けれど、ジュニアも目にはどうしても外に開いた膝、そして深くプリエすることに眼がいきがち。
で、体幹はそっちのけに、それを(外に膝を向ける、そして今深くてプリエする)やろうとするんです。 そうなると、体幹がある程度しっかりしているタイプなら、そこまでお尻は出ないで済むけれど、そうではないタイプ(体幹がぐにゃぐにゃ系)なMちゃんだと、どうしても支えきれずにお尻がぽこんと出てしまうんですねf^_^;
 
背筋の反りでも、体幹が弱いタイプは、腰の筋肉だけで反ろうとするので、すぐ肩が上がってきてしまいます。 本日は、初診だったので、体幹を意識するためのエクササイズをいくつかやりました。
 
ただ、なかなか目的とする方向に気づけないタイプもいます。
例えば、寝た姿勢では????だけど座った姿勢だと分かる、とか、又、立った姿勢だと分かるとか、いろんなタイプがいるのです。
 
彼女は立った姿勢でのエクササイズが一番分かるようだったので、それを中心にやりました。ある程度の時間続けると、最初は、どれが支えられてて支えられていないかが曖昧だったのが、こっちはちがう、あ、これじゃないか、が少しずつ見えてくるんです。
 
そこで、宿題❗️
 
ハイ、あんじゅでは、自分の目標に向かってターンアウトを改善したいジュニアには宿題を出します。 そうやって意識して続けてもらうことがカラダをコントロールするチカラを育てるからです。
 
実は、この体幹の安定が、開脚やスプリッツの改善完成にも大きく関係しているのです。 単に脚の筋肉だけが伸びているように見えるだけが開脚とは言えません。 特に、腰が落ちた状態での開脚では、バレエやってダンス、新体操、フィギュアなどには全く通用しない開脚なんです。
 
どのダンスやパフォーミングスポーツも強くて安定して体幹が大切と言われますよね。 つまり、体幹が安定してくれば、脚も開くし、腰から下のケガも減るのです。 さてさて、Mちゃん 来月、宿題を続けてきてくれていると楽しみに待っていますね。お尻が出る、落ちると悩んでいるジュニア。原因は、お尻ではありませんよ。改善したいジュニアは、ぜひ体幹が意識してみましょう。

中学生なのにお腹がぽっこり出てしまう訳

小学生から中学生にあたるこの年齢は体格差が出てくる年でもあります。小6なのに165cmはある子がいたり、同じ学年なのに155cmもいかない子もいる。おおよそは、両親の体型が基準になります。
10歳を過ぎて急激に身長が伸びると、そのカラダを支えるために筋肉がついて脚が重くなりやすいですが、身長だけ伸びてひょろっとしているケースもある。本当にそれぞれです。
 
そして、カラダの個性がある反面、あまりそのことを意識せずレッスンをして、関節や筋肉を痛めることも少なくありません。この年頃になると、それより下の学年の時とは違い、どこが弱いのか足りないのかを自分で把握していることがほとんどです。
 
なのに、一番足りていないのは基本の姿勢。
 
そのためお腹がポコッと出ている子が数多くいます。けれど、関節の可動域をみると、ほとんどがバレエを続けるには支障がない。長年の臨床から診て、根っこはそれ以前の稽古で基本の姿勢が作られなかった中で、脚だけで踊っているからだと考えています。
 
どのジュニアも長く続けてきた中で踊りこなす力だけはつけている。この歳になるとほとんどがヴァリエーションを経験しており、多くがコンクールに出た経験を持っています。お腹がポコッと出ているのにコンクールに出ているなんて、昔の感覚からいうと驚きなんですが、それが今の現実です。
お腹がポコッと出ていることは、バレエで一番基本のアプロンに欠かせない腹筋が使えていないこと。そのため、この年齢でも、初めは腹筋や背筋のエクサ
サイズから始めることがほとんどです。
 
12歳〜15歳は、カラダもしっかりしているので、バー・アスティエの講習会への参加を促すこともあります。この11月、ジュニアのためのアスティエクラスに参加したMちゃんは、『受けた後腹筋が痛くなって、、、全然腹筋を使ってなかったんだって分かりました』と感想を話してくれました。
トータルコーディネーションで踊れてしまうため一番基本になる姿勢が作れないでいることが、この言葉からも分かりますね。
 
この年頃は、目的の方向がそれぞれであることが少なくないようです。発表会をため、ピルエットを修正したい、もっと上手くなりたいという目的だけでなく、コンクールや留学、又、新国立の研修所やジュニアバレエ、宝塚受験を目指す子もいます。
 
セッションで取り上げる内容は、それぞれの目的に沿うようにしていますが、基本は、骨を意識した姿勢づくり。そうでないと、足の上にのってポワントで踊り続けられません。
 
一例でみてみます。
ほとんど皆が脚を高く上げたいと言いながら、実際にやっているのは、太ももの力で持ち上げてキープしている力技。こういうケースでは、始めにいつも自分でやっているディペロペをしてもらった後、骨盤のコントロールや寝た姿勢でのプリエ・タンジュ、床でのフェッテ・アラベスクなど、幾つかのエクササイズをやってから、同じディペロペをしてもらいます。
 
すると、どれほど力で上げてきたのか、何が足りないのか、に気づけます。でも、気づいただけでは何も変わりません。ここからが出発点。どうすれば、踊りやすくなるのか、本人たちがどれだけ自分のカラダと向き合うかが、今後につながります。
 
又、目的がコンクールである場合、ヴァリエーションの補習を行うことも少なくありません。
これについては、又別に紹介します。
 
大切なのは、成長期に当たる歳に骨や関節を痛めないカラダの使い方を見つけること。そうすると、どの方向にでも行く道が開けてくるのです。