バレエ・ダンス障害 膝痛 その原因と治療

◇よくお問い合わせいただく症状
よくあるお問い合せの一つが膝の痛みです。スネから膝の外側が痛い、グランプリエの途中で痛い、グランプリエで膝が曲がりきらない、膝の内側が痛い、などなどいろんな痛みをかかえて問合せがきます。

大抵は、画像審査で骨には異常ないと言われるケースがほとんどです。けれど、膝の中が引っかかるような感じで痛くて踊れない…中にはこういう声もあります。

◇実際にお聞きする声

ジャンプの着地でヤバって感じたんです、、、次の出番には大丈夫ですよね。。。。

プリエをすると膝のところに違和感がずっとあって。骨がどうにかなったのかと調べたんですが、何ともないと言われて。でもずっと膝が痛いのです。

◇何故起こる?膝の痛み
バレエ・ダンスを踊っていると一度は感じる膝の痛み、違和感。これはどうして起こるのでしょうか?

最初のケースは男性ダンサーに多いパターンです。以前、あるダンサーさんに『どうして舞台を降板したの?』と聞いたことがあったのですが、その答えは『リハーサルで古傷に痛みが出て、ジャンプが飛べなくなったからだよ』でした。ジャンプは男性ダンサーの見せ場的なテクニックの一つ。リハーサルが続いて負担が掛かることも大変多いのです。

この他多いのは、プリエをした時に痛みを抱えているケース。こちらは女性に多い症状です。こういう症状がある時、ご本人は気づかない内に太ももと膝下にねじれがおきていることがほとんど。バレエのプリエは膝と足の方向は同じでなければならないのですが、これがうまくいっていない時に膝に負担が掛かかり痛みを起こさせるのです。

◇鑑別のポイント
膝痛の時も注意しなければならない基本はやはり部位の特定。
そして炎症の程度を診ることも大切です。

膝の構造には沢山の筋肉・靱帯・骨が関わっているので、
同じ膝の痛みと言ってもどこが痛いのかで、原因となっている筋肉や
腱も違ってくるのです。

A 膝上  大腿四頭筋  ・・・男性>女性
B 膝下  大腿四頭筋の腱・・・男性>女性
C 膝外  腸徑靱帯・ハムストリング・・・女性≦男性
D 膝内  内側のハムストリング・関節の裂隙・・・女性>男性
E 膝裏  股関節・・・女性>男性

体重を支えるため脚の筋肉には大きな負担が掛かります。そのためジャンプ系の多い男性の場合、膝上や膝下に痛みが出るケースが多い。

膝の外や膝の内側が痛い場合、太ももの筋肉も硬くなっています。これは膝にかかる負担を脚の筋肉でカバーしようとしているせいなのです。又、膝痛の場合、腰にも硬い固まりがあるケースがとても多い。つまり、膝痛は、骨盤周囲筋の硬さから始まっていたというケースも多いのです。なので、膝だけを部分的に処置しても治らないのです。更に、ひとり一人の骨格や筋肉はそれぞれ違うため、ねじれがおきている場合、膝のどこに負担がいくかは、それぞれ違ってくるのです。

 


◇膝の構造の解説
膝は曲がる動作がとても多いため、曲げる際の負担を吸収するように沢山の組織が関わっています。
下に、その筋肉と動きを大まかに紹介します。図と併せて見てくださいね。

膝に関わる筋肉

四頭筋 股関節は曲げる 膝下は伸ばす
外側ハムストリング 股関節は後ろに伸ばす 膝下は曲げてターンアウトさせる
内転筋群 大腿(太もも)を内側に寄せる 大腿(太もも)を内側に寄せる
縫工筋 股関節をターンアウトさせる 膝下は曲げる

 ※これは一部です


膝の動きを支える組織 半月板、前十字靱帯、後十字靱帯、内側外側側副靱帯、膝蓋靱帯、腸徑靱帯

このほかにも沢山あるのですがこれらの筋肉組織が関わっている膝の運動、股関節の運動とも連動していています。膝単体でバレエの動きをするのではないのですが、膝は横!という意識がとても強く、それがねじれを生じさせる要因ともなっています。


◇注意が必要なポイント 痛みの段階が行き着く先

最初のサイン 痛みが消えにくくなる
次のサイン 痛みを抱えて続けると、別のところが痛くなる痛みの連鎖が始まってくる

  右が痛かったなら、左の腰が重くなるなど別の部位に負担かいく
その行き着く先 膝周囲の筋肉が耐えかね、靱帯や半月板に影響が出てくる 靱帯の損傷や半月板の割れを引き起こしかねません。

 

プロとして沢山のダンサーを診てきた経験から、今の状態を続けるとこうなっていくだろうという先も見えてきます。治療の際には、今どの段階なのか、そのことについてお話しています。

痛みの段階でいくと、二つ目のステージの状態は人によって期間が異なり、長くつづいたりするケースもありますが、その段階が長引けば長引くほど、膝に負担がかかっているということでもあり、最終的に靱帯をきったり、半月板を痛めたりすることに近づいてしまうのです。

一度ハサミで切った布が元の布に戻らない様に、一端カラダの組織にメスをいれると、その後、元の組織に戻ることはありません。だからこそ、痛みを取る治療、筋肉を適度に柔らかくするメンテナンスが大切なのです。

◇バレエ的な視点
1ミリでも外へアンドゥオールしたい、の思いが筋肉を硬くする。

股関節の可動域があっても、四頭筋を強く働かせてしまっていると、膝に負担がかかってしまいます。この状態で、ジャンプから着地すると一気に膝への負担は増してしまいます。

四頭筋には、股関節をターンアウト=アンドゥオールさせる働きはないのでできるなら使いたくない。でもアンドゥオールしたいと、無理に開こうとすると、結果一番使いたくない四頭筋をつかってしまうのです。太ももから回すという意識でいると、四頭筋はどんどん硬くなっていきます。

大切なのは、一部ではなく、カラダ全体でアンドゥオールすること。
最終的には、これが重要なのです。


◇治療でのポイント
まず、一番痛みがおきている部位を中心に、膝に関わる筋肉をゆるめていきます。更に大切なのは、骨盤周囲筋をゆるめること。セラピーのポイントは、痛みのある膝だけを治すのではない、ということです。

先ほども書きましたが、大抵痛みをかかえている時、その上か、又下に問題がある場合が多く、膝だけみていても、実際に踊りやレッスンに戻った時に、治ってなかったということが起きるのです。

曲げても伸ばしていても痛みが強い場合にはしばらくコンスタントに通う必要があります。これは、痛みの連鎖が他に及んでいるためで、この連鎖のサイクルが落ちついてくれば、レッスンやスケジュールを考えて様子をみながらの治療にうつります。

その後、炎症もとれ、周囲の組織や部位にもゆるみがでてくるようになったら、個別に使い方のアドバイスなどを加えたメンテナンスに移行、痛みをおこさないラインをカラダにしみこませていく、これも大切なポイントです。

◇クライアントさまからの声

メイク道具買ったんでんすよ〜膝が痛かったからもう舞台出ないだろうって、断捨離流行ってた時に、旦那と一緒にバンバン捨てちゃってたんですよ〜
もういっぺん出られるって思うと嬉しくていろいろ買っちゃいました。
 
受けた後はスゴく調子いいんですよ。カラダ軽くて。舞台前に又よろしくお願いします。
 
N・Rさま

元々関節が柔らかく、膝の靭帯が緩みやすいタイプのRさま。以前にオペも経験されていました。プリエをすると痛みがでる状態から、治療メンテナンスで、無事発表会に参加されました。



膝が痛くて、もう骨がどうにかなっちゃったのかと心配で、それならバレエは止めた方がいいのかなと思ってたんですが、そうじゃなかったんですね。ホットしました。
 
Kさま
膝が痛い=骨の異常、関節の異常、と感じることも少なくありません。画像審査をしても、痛みの原因が分からない場合がとても多いのですが、バレエの運動学、解剖学で診ると、アンドゥオールがうまくできていないためにねじれがおきているケースがとても多いのです。

筋肉の緊張、硬いところをゆるめていくことに加えて、運動学的な視点に基づいたセラピーがとても重要になってきます。

膝の痛み、プリエやジャンプの着地で感じる膝の違和感が気になる方はご相談ください。

バレエの膝痛 治っていく過程

年末に膝に水がたまってしまった状態でいらしたAさまのケースをご紹介します。
今回はお許しいただき、写真を掲載させていただきます。

分かりますでしょうか?右膝下と外側のふくらんだ写真がいらした段階の状態でした。

このときは、痛みも強くてプリエにするのもツライ状態で、太ももの筋肉にも強い緊張が見られました。こういう時は、最初にマニュピレーションで筋緊張をゆるめると後の鍼も効果的になってくるので、最初にマニュピレーションを行いました。

それが終わった段階が、②の写真です。どうですか、①でふくらんだ感じあったところがスッとしてきているのがお分かりいただけますか?そして、最終的にバレエ鍼灸で、膝の炎症をとりのぞいていくと、どんどん腫れが引いていったのですね。その写真が③です。

その次のご予約でいらした時に伺った喜びの声はこちらです~

膝が痛くて水も溜まってたのに、翌日には腫れてたのがなくなったんです。助かりました。又すぐ痛くなるかな…と思ってたけどお灸が効いたみたいで【プリエ】も楽でした~


今日までなんとかなってホントに良かったです。早く膝治してパーソナルレッスンの方に戻りたい~。

K・Aさま


バレエ・ダンスの膝痛 治療と運動療法による回復

Aさんが初めて来院された時は、痛みがマックスで、膝を伸ばすことも曲げることも辛かった状態でした。バレエだけでなくどのダンスでも柔らかい膝はとても重要。なのに、常時4日は教えを続けてきたのです。

 

ダンスの先生は、元々のカラダのキャパシティーが比較的に高いことや「痛いのなんか当たり前」的なちょい体育会的忍耐力も持っているので、治療したほうがいいよという状態でも続けて踊っていたりする。

バ レエやダンスの障害で、膝の場合、膝だけを治していていても、踊りに戻れるようにはなりません。Aさんの場合、膝周りにある炎症を抑えることが第一でした が、それに加え、骨盤周囲筋や大腿、下腿の筋肉の硬さをほぐし、炎症による筋性防御をおこさないようにする必要がありました。

 

最初は週一、その後は2週間に一度、10回ほど治療が進んだところで、伸びきらなかった膝が伸びるようになっていきました。ここまでに約3ヶ月半ほどの時間でしたが、遅いというよりむしろ早い位な感じの症状だったので、やはり元からの力があるんだなと思います。

そこで、4ヶ月目からは、 ご本人の希望もあり、バレエ鍼灸とパーソナルセッション「ターンアウトアップ」を交互に受ける組み立てで、ムーブメントの調整と治療を並行して続けてきました。

バレエ鍼灸による治療は、膝に関わる組織を修復することはできるのですが、バレエダンスは、膝の炎症が治まってもそれで即踊りの戻れないこともありま

 

す。し ばらくの間最小限の動きに留めていたことで、自然なダンスの動きを忘れてしまう。。。さあ膝が楽になってきたからガンガン踊れると思いきやなんかぎこちな いという状態は、脳の仕組みによるものなのですが、だからこそ踊りへのリハビリが必要なのです。

 


ターンアウトアップ
では、何故膝 を痛めたのか、その根底にある歪みを実感してもらうところから始めます。そして歪みのでないラインで立つ、プリエする、伸ばすなどの動きを取り入れていき ます。すると、自然に骨盤が立つポジションがかんじられ、カラダが支えられている感覚が少しずつよみがえっていくのです。


バレエ鍼灸とターンアウトアップを併用して受けている中でAさんが感じていたのは「こんなに力で固めて使ってきたんだ。。。。だ」ということ。


そして「骨で踊るとそんなに力を使わないで、しかも楽に踊れるんだ!!!」ということです。現在は自身がつかんだ感覚をクラスの教えで生徒さんにも伝えているそうです。

元からの力があるダンサーは、不調で踊りにくくなると、大抵、テクニックの問題だと思って、更にレッスンを積んでいくことが少なくありません。しかし、それが、結果ケガを引き起こしてしまうことになっていくのは、その根底に歪みが潜んでいるから。

もう一度、自らのカラダを見つめ直してみると、そこには前より楽に踊っている自分を発見できます。
そのためにも、痛い箇所はしっかり治す、そして、動くカラダの仕組みを知ってみる、これが大切です。

 


ダンサーに多い 緩い膝が膝痛を起こす

膝に痛みを抱えるダンサーの中に、膝のお皿=膝蓋骨がゆるい人が少なからずいます。
 
膝がゆるいとは、どういうことかというと、自分の膝のお皿を軽く左右からつまんでから、内側や外側に動かしてみると判ります。
大概の人は、外へも内へもさほど動かないのですが、ゆるいタイプの方は、膝蓋骨をつまんで動かすとグニュっと移動するのです。もちろんリラックスした状態でやるからこそなのですが、膝蓋骨がゆるいと、立っていても踊っていても負荷がかかりやすいという危険性が潜んでいるのです。
 動画 膝が緩い
 
特にカラダが柔らかいダンサーさんは膝がゆるみやすい傾向にあります。他、ホルモンのバランスの影響を受けやすいタイプの人が、生理周期によって膝がゆるみやすかったりします。
 
膝関節は、曲げたり伸ばしたりが多い関節なので、この膝蓋骨が衝撃から守ってくれている訳です。この骨が動きやすいということは、つまり、膝関節周囲への負担が大きくなりやすいということを意味します。
この膝がゆるいタイプに加え、X脚が合わさると、更に膝関節への負担は増してしまいやすい。
 
バレエやダンスでは柔らかいプリエが重要と言われますが、大切なのはプリエの後、しっかり膝が伸びること。きっちり膝が伸びた脚では、膝下と膝上、つまり下腿と大腿が一本になるので(この時膝蓋骨は上に上がっています)アンドゥオールもしやすく、ジャンプの着地の負担も吸収してくれます。
 
けれど、膝がゆるいタイプは、膝蓋骨がきっちりあがりきらない時期があり、その時の負荷がダイレクトに膝関節周囲に及びやすいのです。気がつかないうちに膝が重くなって腫れてくる場合は、まず第一に炎症を取り除くことが最優先です。
 
炎症を抑えると同時に大切なのが、周辺筋肉の硬さを緩めること。炎症がある部分の組織を守ろうと硬くなっている筋肉では膝蓋骨は上がりきれないのです。
 
他に、レッスンだけでなく日常生活でも気をつけたこと、それが膝押し。立位の体重をにがすためツイツイ膝押し立ちをしやすいのですが、膝に炎症がある時はなおさら注意が必要です。レッスンでは気をつけても、日常生活では意識が抜けやすくなります。膝がゆるいタイプだと気付いた方は、日頃の姿勢チェックも大切です。