ダンサーのコンディショニング ターンアウトforプロ

軸の意識に潜む歪みを見直すパーソナルセッション

背骨を意識して朝のウォームアップをするとその後のステージで踊りやすくなりました。
ブレスも入りやすくて、舞台でずっと踊ってても疲れにくくなってます。

Aさん

長年舞台に出て踊っていると、何かが違う、そんな感じがする時がでてきます。
10代20代からずっと積み上げてきたはず、なのにどこかが違う、そういう感覚。多くのダンサーがそのまま続けてしまうことが少なくありません。逆に前の感覚との差を埋めようとがむしゃらにレッスンに没頭する。その果てにカラダがもたなくなってしまう、それがケガの原因のひとつでもあるのです。

ピルエットの軸が安定しない時、その要因は足部や脚だけではないこともあります。
その元が歪み。
それを見つけて修正する、それがターンアウトアップ+プラスでの時間です。その土台はバレエの解剖学と運動学。

セッションで診ていて、自分で踊って、又舞台で踊るダンサーを観て、ダンス・バレエのムーブメントはつくづく力学的に合理的だと感じます。合理的だからこそ、少ない力であのアントルッシャやグランジュッテが生み出されていくのです。

では、基本の軸とは一体何なのか?
それは「○○筋と○○筋でキープする」というのではなく、踊るための姿勢がポイントなのです。ジャズなどのシアターダンスでもこの基本は変わりません。ラインの美しさは、力づくで筋肉でキープして踊っているものの対局にあるのです。


どのダンサーも年代と共に変化していくカラダとつきあっていかざる得ません。変化(=医学的には退化していくとも言います)していく筋肉をうまく使いこなすコツ、それが基本の姿勢にあります。

踊るカラダバレエボディ、そのバランスを取り戻す機会を一度つくってみましょう。
ダンサーの姿勢修正、ターンアウト改善
姿勢を補正していく過程

ターンアウトが変わると、アラベスクの脚もあがります

今回、アティテュードで移動していく振り付けがあるんですが、うまく軸にのれなくてどうしてもうまくいかなかったんです。
でも脚ってこんなに軽かったんですね。アラベスクやアティテュードの脚って、どうやったら高くなるんだろうか…無理って思ってたのに、こんなに軽くあがるなんてホントにびっくり。
それに、軸がとれると後ろの脚がセンターからはずれないんだ。
この感覚と場所を忘れないように繰り返します~

舞台で思いっきり踊りたいのに、軸が安定しなくて悩んでいらしたのがTさま。骨盤のゆがみをチェックしてターンアウトを変えていくパーソナルセッションをうけていらっしゃいます。

最初は、床で寝ていても軸のズレに気づかないほどだったのですが、3回受けたところで大きな変化がありました。O脚のラインが補正されてきていて、骨盤から脚へのラインがバレリーナラインになってきています。

アラベスクやアティテュードは、あげる脚とカラダのバランスがとれているのが大切。そのためには、軸足にしっかりのれることがポイントなんです。この時、どこで支えるかの場所がはっきりしていると軸がとれやすくなります。

そのポイントのひとつが、ターンアウト筋が意識できているか、です。軸足にしっかりのるためのポイントがしっかり意識できると骨盤がくっとあがってきます。そうすると、股関節の外旋度がアップするのです。アラベスクやアティテュードの後ろ脚って、無理にあげるものではなくて、軸に乗れていると自然にあがってくるようになるのです。


ターンアウトプロ、バレエ治療院あんじゅ
公演前の調整

サンバダンサーにも効果のあるターンアウト改善

腰のラインが全然違う〜   M・Mさま


膝と股関節の治療から、パーソナルセッションに移られたMさま。カーニバルでご活躍のダンサーさんです。サンバダンサーさんの密かな悩みは、トレーナーだそうです。サンバがわかるトレーナーを探すのは難しそうです。
 
そうですね。
 
今回は三回目のパーソナルセッションでしたが、前回の復習でカラダのゆがみを拝見。でもさすが、とっても直ってきてるんですよ〜こうなると、その次の展開が楽しみ〜
 
基本エクササイズをしながら、Mさまの脚の動かし方の特徴をみて、動かす角度を微調整させていただきました。本日は、一人でも骨盤コントロールができるようにと股関節を緩めるエクササイズも足してのエクササイズ。最初はイメージ通りいかなかったりするのはよくあることなんですが、その理由は●●だから、なんです。
 
●● の答えは
【場所がはっきり分かっていない】です。

曖昧にならないように、場所をしっかり確認しながら、エクササイズをやっていくと、脚がどんどんストレートに伸びていきました〜
 
で、本日はブラジル行きを前に、サンバステップに役立つ内容もプラス。ステップを踏む時の膝の角度を微調整してやってみてもらいました。
すると、腰のフリが劇的に(イエ、ほんとにびっくりするほど瞬間的劇的に)、女性のサンバダンサーに求められる滑らかで八の字を描くラインに変わったんですね〜もう、ご本人びっくりな声が上に載せている声なんですが、実際セラピストの私もこの変化にはびっくり。やっぱりダンスの基本は骨盤コントロールにあるなあ、と思いました。