このサイトは移転しました。

移転先  https://acucare-ange.com/89

アキレス腱が痛いときの状態、鑑別、そしてバレエ鍼灸による治療

アキレス腱痛 概要

◆よくお問い合せいただく症状
よくあるお問い合せの一つがアキレス腱のトラブル。ダンサーに本当に多いです。
ビッグジャンプやプティソーテ、ジャンプはバレエ・ダンスに欠かせません。
又、近年多いコンテンポラリー系の振り付けには、多様な動きを見せようと
これまでにないステップを組んだりすることがあるのですが、
それは=足首への大きな負担になることも多いのです。

◆カルテに書かれているや実際の声

プリエをしたり、ポワンテにしたりするとアキレスが痛い。
ポワントを履いたら大丈夫なんだけど。。。がまんしてたんですが、切れそうな感じになっちゃってこわかったです。   
アキレス腱が痛い。
ジャンプの着地のときにブチッという音が聞こえた感じで、それ以来飛ぶたびに痛かったり気になったりしてたんです。
◆鑑別のポイント
『アキレス腱が痛い』という場合、注意しなければならない基本はやはり部位の特定です。アキレス腱は人間の中で一番強くて太い腱で、かなりの巾があります。

A 腱の真ん中=アキレス腱炎
B 腱の外側、もしくは内側=アキレス腱周囲炎


アキレス腱そのものは、腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)とヒラメ筋(その内側にある筋肉)の腱が重なって踵の骨に付く二重構造になっているためとても強いのです。腱の真ん中に強い痛みがある場合は、かなりの衝撃を受けて腱に亀裂が入っている場合も考えられ、これがいわゆる真性のアキレス腱炎で、どちらかというとビッグジャンプをする男性ダンサーに多い症状です。


腱の外側と内側の窪んでいる部分、ここを触ると強い痛みを感じるケース。これがアキレス腱周囲炎です。
アキレス腱そのものに炎症があるのではなく、アキレス腱の脇を通る後脛骨筋もしくは長腓骨筋のどちらかの炎症であるケースで、つま先の細かい動きが求められる女性ダンサーに多い症状です。


◆解剖学的視点
この二つに共通している状態、それは、アキレス腱以外にも、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)がオーバーユースで非常に硬くなっていること。何故そうなるのか?解剖図でその構造を診てみるとわかりやすいです。

膝から下は、輪切りにすると三層構造になっています。


前…前脛骨筋と足指を伸ばす(フレックスにする)筋肉
後…下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)
真ん中(奥)…後脛骨筋と長腓骨筋と足指を曲げる(ポワントにする)筋肉=深部底屈筋



ふくらはぎの一番太いところでは、実に半分近くを後面にある下腿三頭筋が占めています。この構造がポイントでもあるのです。ふくらはぎの筋肉=腓腹筋とヒラメ筋が硬くなっていくと、その負担が別の筋肉に及んでいくんです。その方向にはふたつパターンがあります。

一つが真っ直ぐ踵の骨に付くアキレス腱そのもの これがAのパターン
高さのあるジャンプの着地で、引き上げが足りない状態が続くとふくらはぎへの負担は増大し、アキレス腱に大きな負荷がかかっている状態。

そして、もう一つが、足の奥にある後脛骨筋、そして長腓骨筋に負担がかかる。これがBのパターンです
硬くなったふくらはぎに圧迫され、奥にある指の筋肉は柔らかさを失ってしまうのです。この筋肉は、ふくらはぎの筋肉の下を通り、足底に向かう途中で、アキレス腱の脇を通る、この構造から、両脇が痛くてもアキレス腱が痛いと感じる。これがアキレス腱周囲炎です。


◆バレエ的な視点
ポワンテにする時に大切な筋肉で、アキレス腱の内側を通るのが=後脛骨筋 
エシャペをする時に大切な筋肉で、アキレス腱の外側を通るのが=長腓骨筋

◆治療でのポイント
ではセラピーではどういう治療をするか?ですが、
アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎、両方とも治癒へのアプローチはほぼ同じになります。
基本は、
◎腱の炎症を取りのぞく
◎腓腹筋の深部に潜むコリをほぐしていく
◎骨盤から足部までのコーディネーションを調えていく

炎症の程度によりますが、アキレス腱そのものの断裂(部分断裂)ではない場合、リハーサル・レッスンをしながらでも2ヶ月ほどで回復していきます。
ただ、踊っている時には痛みは感じないのに、イスやものにぶつかった時に痛みを感じる、と言う場合は未だ炎症が残っているサイン。表面上の痛みがなくなっただけでは、アキレス腱関連の痛みは解決しないのです。

その理由はこちら
1)腱の成分=コラーゲンであること。 筋肉より治癒に時間がかかります
2)踊りの姿勢(ポジション)が同じままだとふくらはぎにかかる負担が変わらないため

ケガを治すことに加えて、アライメントの調整をしっかりすることがポイントなのです。

 


クラシックバレエダンサー Yさまのケース

3日後のステージのためのリハ終了後、アキレス腱に痛みを感じる。
初発は半年前で、その後2ヶ月は休んだとのこと。

アキレス腱障害の場合、腓腹筋によく出てる強いコリが少ないことからも、彼がプロ中のプロのダンサーでありカラダがよくコントロールされていることが判ります。

アキレス左側に炎症があり、左右の腱の状態は明らかに違いが出ており、この部分の炎症を鍼と灸で取り除いていきました。

カラダを支える足部に障害があると、バランスをとるため他の部分にもコリが出ることが少なくなく、彼の場合は、肩甲挙筋と僧帽筋の中部にコリがありました。聞くと、リハでもリフトの調整が難しかったとのこと。訓練されたダンサーなので、リフトの失敗に至るまでにはなりませんが、そのまま続けていくと自分のカラダへの負担になっていきます。

アキレス腱の治療に加え、脊柱起立筋のバランスを整えて、治療を終わりました。


2日後の治療で診ると、アキレス腱の炎症は少なくなっており、小康状態と言えました。ただ、その前に診た背部のコリが強くなり、腓腹筋の深いところにもコリが出ている状態でした。舞台直前でリハーサルは終日、リフトの確認も多かっただろうことが見て取れる状態でした。

アキレス腱の炎症にはアイシングを施しながら、腓腹筋のコリと背中のコリを鍼をつかって動かす整体針で柔らかくしていき、その後、施灸で炎症を取り除きました。
この状態では、ジャンプの多い純クラシック系の演目は避けた方が良いだろうと伝えると、彼自身もそのことを考えており「足への負担の軽いコンテンポラリー系の作品に変更したよ」と語っていました。

 



本来、この状態であれば休養をとるか、どうしてもの場合は出演数を減らすのが普通なのですが、出演が決まっている来日公演で、来日した後のアクシデントのため、治療・加療しながらのステージとなりましたが、その後無事5日間のステージを終えたとお聞きしました。

 


繰り返すアキレス腱痛

ダンサーは踊らない一般の人よりアキレス腱は強く、長さも長くなっていることがほとんど。これは、長年プリエをし続けてきているから。

特にかかとのすぐ上あたりはコラーゲン線維がほとんどなので、余程強い力が外からかからない限り、簡単には切れません。(ジャンパータイプの男性に見られることがあります)
 
では何故、真ん中よりも外側、若しくは内側を痛めるケースが多いのか、ですが、これがバレエ特有のテクニックに関係があります。
 
他のどのダンスよりもバレエではつま先を伸ばすことが求められます。床を滑らすように動かすタンジュ、かかとや膝を抱えるようにするク・ドゥ・ピエからパッセも、アラベクスの後ろでもつま先は常に伸ばしていなくてはなりません。こんな状態、日常にはありませんよね。だからこそ、習得するのが難しいのです。
 
 
このバレエ的につま先を伸ばす過程がきちんとできると甲は育っていくのですが、これができでいるダンサーは実に少ないのが日本の現状。(焦って甲だけ出そうとすると逆に足裏が育たなくなることも少なくありません)
 
更にポワントの問題もあります。おおよそ、10歳くらいから、早いと7.8歳でポワントをはき始めるのが日本の現状。足裏の訓練が完成される前にはき始めることが、後々、カンパニーやジュニアバレエ団に入った後、アキレス腱の周囲に痛みを抱えることにつながってしまうのです。
 
ダンサーですから、常にレッスンがあり、リハーサルがあります。その過程で、アキレス腱周囲が痛くなることもあります。ジャンプでちょっと着地がずれた、パドゥドゥのプロムナードでタイミングがズレてアキレス腱に負荷がかかったなどのケースは、早期のケアと治療で治りも早く、1.2回で戻れます。
 
けれど、いつまでも痛みが取れない、取れても又すぐぶり返す場合は、炎症が慢性化している可能が考えられます。この段階になると、一般的なマッサージや施術で、脚の筋肉をほぐしても対応できなくなっています。
 
ただ、痛みがあっても、カラダのトータルコーディネートで踊り続けられてしまうのがダンサー。炎症がくすぶっているのに、つま先を伸ばしたりポワントワークをすれば、大元の傷が治る暇はありませんよね。
これはお湯を足しているバスタブの栓を抜いている状況に似ています
 
炎症がくすぶり続けているケースは、自宅でのケアを加えることも必要になります。更に、リハーサル、レッスンの状況を見ながら炎症が続続かないように治療を加えます。
 
 
治療のポイントは、
外側なら、腓骨筋腱、内側なら後脛骨筋腱の炎症を取り除くことがメイン。他に、アキレス腱周囲に痛みを抱える人に共通な腓腹筋の硬さをゆるめることも重要なポイント。
 
いずれにせよ、炎症が治まったところで、足指と足裏のトレーニングも必須。踊ってきたキャリアに比例して足裏の修正も早いことがほとんど。一番は、繰り返す痛みをごまかして踊り続けないことです。
 

アキレス腱の原因が膝痛だったケース

『最近、足首、アキレス腱の辺りが痛いんです。』

 と訴えたいたのは現在、膝を治療中のY先生。膝痛は、長時間、膝を折っていたポーズが続いたことで膝穴に圧力がかかってしまったのが原因だったのですが、膝がよくなってきたところ、次にアキレス腱痛がでたそうそうなのです。

 

このような状態は、カラダのバランスがうまくとれないため起きることなので、痛みがあるところだけ治療しても効果がでないことが少なくありません。と言うのも、バレエ、ダンスでは膝と足首は、それ以外、全てのボティバランスと常に連動しているからです。

 

よおく聞いて、診てみると、プリエで膝が折りたたまれる時、僅かに膝に揺れが見えました。ドゥミプリエは楽になってきたけれど、グランは未だちょっと怖い、という時期、気持ち的にプリエをしっかりすることにためらいが出たりします。

 

膝は大腿部と下腿部の中間にあり、内へも外へも動く訳なんですが、バレエのプリエでは足部と同じ方向に揃えることが大切。長年踊っていると、どうしてもその方向にカラダをもっていきたいと無意識に外へ外へと動かそうとします。

 

痛みやケガがない時にはすんなり出来たことが、なかなかうまくいかないことが続きます。と言うのも、挫傷して治療をしている時は、通常のすっと開く感覚が途切れてしまうため、どうしても力が入りやすい。でも、無意識に働く部分も残っている、それが、膝のブレとなって現れれるのです。

 

結局、アキレス腱の痛みは膝痛の関連として現れたもので、きちんとした膝の位置でプリエが入ると、足首にでていたツレる感じは無くなりました。

 

ケガをしていても、教えの仕事は中断できない教師やダンサーの場合、治療しながらでも踊らなければなりません。その間大切なのは、力ではなくカラダの内側からの声をよく聞くこと。これは、運動神経ではなく、感覚神経の役割で、これまでの踊りで必ず養ってきたものだからこそ、焦らなければ少しずつ戻ってきます。

 

バレエ治療院あんじゅでは、治療と並行して、膝の位置の修正、足首の位置の修正などもサポートしています。

 

膝痛・アキレス腱の治療は 

 >>>バレエ鍼灸

 
 膝痛を克服してバレエに戻っていくための解剖学講座は  >>>バレエ解剖学講座