ダンサーやバレエジュニアに多いアキレス腱痛 見落としがちなケース

アキレス腱痛の原因がふくらはぎにあったケース

バレエジュニアのお母さまから問い合わせをいただきました。
 
『整形外科にかかり、右のみ痛み止めの注射をしました。 親指を動かす腱が炎症をおこし腫れており まげのばしの時の腱のスライドがうまくいっていない状況とのこと。 タイミングをみて腱が動きやすくなるよう周辺の骨を削るという選択肢も提示されています。』とのこと。
 
 
痛みは足首とふくらはぎにあり、ポワントをはきはじめた頃から、少しあったそうです。
特に痛みが強くなった最近は、レッスンもお休みをしているし、整形での治療で痛み止めの注射もしたのに痛みがとれない状況で来院されました。
 
前回のアキレス腱と似ていますが、Yさんの痛みの原因はふくらはぎにありました。
 
かかとにも炎症が出ていましたが、アキレス腱の炎症はそれほど大きなものではなく、施灸は一度で痛みはなくなっていました。 ただ、ふくらはぎの奥には、まだとりきれない硬結が残っており、膝の内側、大腿骨の内側にはカチンコチンになっている。
 
そこで、ふくらはぎの内側には鍼灸治療、温熱療法、徒手療法を加え、最後に立つラインを確認してもらいました。
 
Yさんも、かかと体重で歩いており、膝をなるべく曲げないように、とでも言うかのように脚をつっぱらせて歩くのです。 これでは、ふくらはぎは常に外にひっぱられるので、痛みがへらないわけです。
 
整形外科は、腱の炎症がとれないなら、腱が付いている骨を削る、と言う方法を提示していましたが、腱の断裂や骨片を取り除く必要があるなど、必要でない限り、骨を削る手段は最終の最期だと考えます。
 
ジュニアのカラダは成長しており、筋肉や骨が発達していくことでカラダに対応性が生まれることが多々あるのです。 骨はカラダを支える大事な支柱。 特別な状況以外では、未だ可能性のある治療法を考えるのが大切と考えます。一度メスを入れたカラダの組織は二度と同じにはならないからです。 バレエジュニアの足首や膝の痛みで、お悩みの方はご相談ください。

内くるぶしが痛い、でも原因は甲側の問題だった

バレエのケガというと、股関節、膝関節、足関節など、大きな関節の周囲を痛めるケースが多いのですが、中でも足首周りの故障は本当に少なくありません。
 
アキレス腱が痛いと言って、来院されたSさん、内くるぶしで足の腱がぴくぴく動くのが見えていました。この内側を通っている筋肉の腱は、分類すると足裏を曲げる屈筋で、一見するとアキレス腱周囲炎と同じに診えます。
 
ただ、彼女の例はアキレス腱周囲炎ではなかったのです。
 
実際に痛みは出ているのは、内くるぶし周囲なのですが、原因は甲側の伸筋(指を伸ばす筋肉)にありました。足の指の力が強く、クッと引っかかってしまうばね指が原因して、内側のくるぶしに痛みが走っていたのです。
 
では何故、このような状況になったのか、というと、やはりつま先を伸ばす、というバレエ特有の動きがきちんとできていないから、でこのつま先を伸ばすムーブメントは、一見すると足の指に力をいれて先の方に伸ばすように見えてしまうのですが、そういうやり方をすると、アキレス腱は逆に縮まってしまいます。
 
重要なのは、足裏の筋肉をしっかりつかってアーチを作っていくことで、つま先が伸びる、にしていきたいのですが、これがなかなか伝わっていない。
 
もちろん、お教室の先生方は指導されていると思います。指は丸めない、床に足がついているときは伸ばす、タンジュやピケの時でも指先を固めないとは伝えていても、生徒一人ひとりの「あ、分かった」につながらないことが本当に多いのですね。
 
それは、ジュニアのトレーニングで足裏のエクササイズをするときに痛感されられるのです。
 
どの子もつま先を伸ばしたいと必死で頑張っているのだけれで、そう思えば思うほど 足の指を固めて伸ばそうとするのです。
その状態でずっと踊っていれば、発表会やコンクールで踊る量が増えた時など負担が増すと痛みを抱えるようになってしまいます。
 
一人ひとり見ることは難しいかもしれないけれど、先生方には頑張ってほしいなと思います。
又、どうしても分かりづらいという生徒さんもいるのが現実。
 
そういうジュニアには、治療以外にトレーニングコース【ターンアウトアップ】で、つま先のトレーニング方法を伝えています。 アキレス腱痛、ばね指などは放っておかず、しっかり治療しましょう。そして力を入れずに伸ばせるつま先を目指しましょう。

アキレス腱がずっと痛かった原因は屈筋支帯にあったケース

長引くアキレス腱痛 グランパドゥドウのリハーサル中にアキレス腱に痛みを感じたHさん。
リハーサル中も、終わってからも治療に通ったそうです。 『5回も鍼に通ったんですが、痛みがとれないんです』と来院されました。
 
アキレス腱周囲は、コラーゲン線維の多い腱になっているため、血流の多い筋肉よりも確かに治りは遅いこともあります。 けれど、発症から2ヶ月を過ぎ、治療もしているのに痛みがとれないのは何か他の要因があるはずだと考えるべきです。
 
一つは、オーバーユース。 炎症があるのに、治りきらないのに踊ることで更なる負荷がかかり、炎症を繰り返す。本番が迫っているとどうしても、こういうことになりかねませんが、彼女の場合は、本番が終わった後、しっかり休みをとったのだそうです。そしてその間も治療をしていた、なのに、2ヶ月過ぎても痛みがとれず、歩いたり、階段を降りるときに痛みが出る、とのこと。
歩く時に痛みが出るケースは、かかと体重になっていることが考えられます。確かに彼女の場合も、その傾向はありましたが、後ろにひどく体重をかけているわけでもない。
 
アキレス腱痛など、腱の炎症では、バレエ鍼灸でも、特に最初の段階から、施灸をすることが多いのですが、今回もまず施灸から始め、鍼の治療を加え、様子をみました。 が、いつもなら出てくるはずの反応が足りない。そこで2回目の施灸で変化を診ました。
10代、20代だとこの段階でほとんど痛みの度合いが減り、ポワントにしてもフレックスにしても大丈夫になることが多いのですが、今回は違いました。
 
Hさんも『他の治療でも、難治、と言われたんです』と言っていたのですが、このような場合、難治を考える前に、もう一つ診るべきところがあるんです。そこが、一般の治療院と、バレエダンサー専門のバレエ治療院との差です。
ポワントワーク、特にグランパドゥドウを踊る中で、足や脚には大きな負担がかかります。一回のリハーサルで全てが出来上がるなんてことはなく、何回も同じパートを繰り返す。特に男性と組むアダジオでは、ポワントでずっと立っているプロムナードや、アラベスクバランスなどがたくさんあります。
うまくパートナーシップが出来上がるまで何度も繰り返すうち、ポワントをはいている足部、足首はバランスを取ろうといろいろ動くんですよね。 それを考えて、足部の他の箇所を診てみると、原因はかかと近くにありました。
 
ここは、Hさんの主訴としてはあがっていなかったところ、けれど、触れてみると炎症があり、触られた途端痛みを訴えました。
 
 
アキレス腱痛を引き起こしていたのは、屈筋支帯でした。
 
足部には沢山の筋肉の腱が走っています。それらの腱を護る仕組みとして、甲側やくるぶしに伸筋支帯、屈筋支帯が走っているのです。 彼女の痛みの元は、内側にある屈筋支帯だったのです。
ここに施灸と鍼の治療を加えたところ、劇的に痛みは減り、抑えても、伸ばしても痛みを訴えなくなりました。
 
もちろん、屈筋支帯、アキレス腱周囲だけでなく、大腿部、下腿部のコリも緩めています。 アキレス腱につながる筋肉は、下腿部から始まりますし、下腿部がうまく機能していない場合、その負担は大腿部にもいくからです。
 
アキレス腱痛の治療、というと、焦点のアキレス腱とその関連筋肉を診るだけが多いのですが、クラシックバレエ、しかもポワントワーク特有の動きは、そのムーブメントを分かった上での治療が必要になっていきます。 殆どの傷は発症から約一ヶ月もすれば、治っていくものです。オーバーユースもなく、治療もしているのに痛みがへらない、増えるばかりと悩んでいる方は、舞台前でも、公演後でも、お問い合わせください。
 

バネ指からアキレス腱痛になったケース

足首の痛みがとれないと来院されたKさん。最初はバネ指から始まったそうです。内果、外果周囲、伸筋肢帯にも炎症が出ていました。
 
足首の症例はこの前にも挙げましたが、多くはアキレス腱や靭帯、伸筋支帯などに炎症が出ているケースで、バレエ鍼灸で炎症を取り除き、足首の可動域を調整することで治っていくのですが、この方のケースは少し違いました。
 
Kさんの場合、治療後に調整をしても、どうしても今一つの部分があったのです。
その原因は足首よりもっと前、足指でした。
 
痛めた側の指に故障箇所があり、自由に曲げ伸ばしがしにくくなっていたのです。整形外科の先生は、この部分についてはあまり注目されなかったそうでしたが、足首の症状としてはそうなるのでしょう。
 
ただ、ことバレエでは小さな関節一つでもズレるとアプロンやラインに影響が及びやすいムーブメント。指の一つが自由に曲げ伸ばしできないということは、=足裏全体でしっかり床をつかみにくい状態をもたらしかねません。
足裏で床がつかみにくいのですから、当然、その上のカラダ、関節も安定しませんよね。その状態でも全身のコーディネーションがあるから踊ってこれたのですが、プロになるとこなさなければならない量は格段に増えます。足首はその結果だったのです。
 
一つの関節におきたケガは、その後その一つ上や下の関節にも影響を及ぼしやすい。以前にも紹介しましたが、このようなことがバレエやダンスではおきるのです。
もちろんこれは、どのスポーツでも同じなのですが、こと、最小限の力でジャンプやステップをこなさなければならない女性ダンサーの場合は、大きな影響をもたらすことになりかねないのです。
 
治療は、炎症を抑えること、関係のある筋肉の緊張をとること、そして、指の治療も行いました。関東ではなく、遠方からお越しになったので、滞在期間中、複数回治療を行い、指については、かかりつけの先生に話すようにお伝えしました。
 

実は、歩き方も関係しているアキレス腱痛

10年前、5年前よりも多くの情報が公開されていて、ダンサーだけでなく、小学生でも手軽にしりたいことを調べることができる状況になっていますが、やはり、バレエ的なつま先の伸ばし方をしっかりつかめている生徒は少ないのだ、と改めて感じています。

 
「レッスンだけでなく、歩く時も痛かったんですが、今終わったら痛くないです」 両方のアキレス腱が痛いと来院したKさん。
一番痛みが出るのはアキレス腱直上だそう。 確認のために、ベッドの上で自分でつま先を伸ばしてもらいました。 案の定、写真上のような伸ばし方になっていました。
 
ここで、診なくてはいけないのが、距骨のところで引っかかりがあるのかないのか?です。なので、私が補正をしながら伸ばしてみると、この写真のようにしっかり伸びていきます。
 
しかも、私が補正して伸ばす時はアキレス腱には痛みが出ませんでした。 彼女は、このところ痛みマックスだったそう。なのに、アキレス腱直上に明らかにあるはずの炎症症状はほとんどありません。
 
この状況はどういうことかと言うと、距骨突起によるアキレス腱痛ではなく、又、ジャンプの着地やフェッテの練習などからくる衝撃によるアキレス腱の炎症ではない、ということ。 つまり、つま先の伸ばし方やポワントの立ち方に足りないところがあり、その負担がアキレス腱にきている、状態なのです。
 
アキレス腱直上や内側、外側に明らかな炎症症状が出ている時は、まず治療が必要です。 炎症をそのままにしておいても、3週間ほどあれば収まっていきますが、その間レッスンやリハーサルをすれば、炎症のある部分に更に負担がかかり、炎症が広がるだけでなく、痛みからかばう動きが始まり、足首より上のふくらはぎや膝、時には股関節、腰にも痛みが出る可能性があるからです。
 
 
炎症がさほどではない時は、お灸だけで済むこともあります。それは、実際に状態を診てからでないと判断できません。
 
炎症がなく、でも痛みが出るのであれば、今度は何故痛みになるのかの原因を見つけることが必要になります。 そのためにいくつかの動きを診るのですが、多くの人が踵重心になっている傾向があります。
歩き方も軽くなく、ペタペタ歩いている、、、バレエを踊っているのにですよ⁉︎そこで、年齢的に必要があれば歩き方を修正することから始める場合があります。
 
Kさんも歩き方を修正すると、歩いても響いていた痛みはなくなりました。
 
いかんせん、バレエを踊る人は、生徒のみならず、ダンサーですら膝を曲げることは悪、とでも思っているのかしら?と感じざるえないくらい、脚を伸ばして歩こうとしています。それが固めて伸ばしていることになっていても気づいていない。
 
膝関節は、元々曲がるようにできている関節です。それは人の動きとして自然なことであり、バレエでもプリエでは、ちゃんと膝を折りたたんでつかいます。 バレエで膝をしっかり折りたたむことは、次のパのエネルギーであり、そこから全てのパが生まれるのですよね。だからこそ、自然に軽く膝の曲げ伸ばしができるようになることこそ、大切なはずです。
 
けれど、多くの人は、膝が伸びていることだけを重視しているようにみえます。 膝を伸ばしたいなら、トルソーを引き上げていればいいのに、それを忘れて落ちた上体で伸ばそうとする。その結果、体重は後ろに傾き、歩き時にはペタペタ歩きになっている、これでは本末転倒ですよね。
 
歩き方が変わってくると腰も少し上がってきます。
けれど、実際に足の踏み替えなどを見せてもらうと、腰は全く上がらず、足だけでやっている。 うーーーーんん、いったいどうなっているんだろう???? そういうケースが多発しているのです。
 
ある意味、カラダと動きを関連づけていく作業、いわゆるコーディネーションが目覚めていない、もしくはおやすみしている人が本当に多いです。 これが長いケガによるブランクがある場合なら多少理解はできるのですが、ずっと踊り続けている人に少なくない、しかも、こと、10代にとても多いのです。 大人になっても踊り続けている人、また再開した人に色々悩みがあってうまく踊れない理由は、カラダの変化だけでなく、このようなつなぎの悪さにもあるのではないか、と思います。
 
とにかく、骨盤を立てて座ることができない、これは、ジュニアだけでなく、大人のダンサーや教師にもいたりします。もちろん、ダンサーや先生であれば、踊る時には違うのでしょうが、何気ない座りの時に腰が落ちているままを許している人が少なくありません。 ケガをするきっかけはいろんなところに潜んでいますが、もしかすると、リハーサルや舞台上のアクシデントやパートナリングだけでなく、普段の姿勢の緩みが知らず知らずつもりつもってケガを招いているのは少なくないのです。
 
骨盤を立てて座れないと、フロアバレエのエクササイズは、やってもリハビリやトレーンニングにはつながりません。
そのため、最近は、シンプルな筋トレやスストレッチをして、カラダの感覚を目覚めさせ、動きをカラダをつなげられるような工夫をしてます。
 
特に膝を外に向けようとする、立つときは押して後ろに引いても伸ばそうとする、足首がグラグラしても甲をだしてドゥミをするなど、見た目だけにとらわれていることが多い。
 
それが証拠に修正する時に多くの人が、目で確認しようとするんです。
 
カラダには重心やラインをコントロールするセンサーがいっぱいあって、バレエやダンスはそれをフルにつかう必要があるのに、自分の目で見ないとラインが確認できないのであれば、舞台にでることはできませんよね。舞台には鏡がないのですから。
そういう意味でも、多くの人がカラダのセンサーを使いきれていない、と感じます。
 
アキレス腱痛の完治は、痛みや炎症を抑える治療だけでなく、痛みが出ないラインに立ってつま先がコントロールできるラインの修正もとても重要だと考えています。
 
Kさんの場合は、炎症が少なく、体重も軽い10代だったので、トレーニングメインで行いました。
その結果が上の感想です。
 
アキレス腱の痛みは、我慢していても簡単に治らないケースが少なくありません。それは筋肉と違う腱のは特性にあります。いつまでも続く痛みが更に別の箇所に広がると確実に踊りの質にも影響がでてきます。 早めの対処を心がけましょう。
 
アキレス腱痛の治療についてはこちらへ(痛みの度合いで、治療かトレーニングか分からない場合は、その旨を書いてください)