バレエ治療の現場から

ダンスの股間節痛の治療、バレエ治療院あんじゅ
変形性股関節症の診断を受けて、ダンスを続ける人は少なからずいます。Tさんもその一人。以前から左右差が気になっていただけでなく、痛みが出てきたため画像を撮って分かったのだそうです。小さい頃から知っていたという方もいますし、痛みが出て調べてみたら、関節が浅いタイプだったと知るという方もいます。...

坐骨神経痛、バレエ、ダンスの腰痛、バレエ鍼灸
ステージ前なのに、坐骨から大転子周りが痛くて、脚が伸ばせないと来院されたMさん。...

バレエ整体、ふくらはぎのコリをほぐす、バレエ治療院あんじゅ
5歳からずっと踊ってきたMさん。バレエ課のある大学に通っています。次の舞台でフロリナのグランを踊るためリハーサルが増え、ふくらはぎがパンパンで痛くなったそうです。ポワントでのリハーサルが増えるといつもより負担もかかるので足がはってくるのは解かりますが、ふくらはぎだけでなく、膝より上の前もももパンパンにはっています。...

足首の痛み、ダンサーの治療、バレエ治療院あんじゅ
足首が痛いといって来院するダンサーさんの中には、一年以上痛みを抱えている人もいます。レッスンやリハーサルを休めない、休みたくないなどの事情は解かりますが、そのままレッスンをしていても痛みが消えない場合は、やはり治療をいれることが大切です。...

母趾腱の痛み、バレエ、ダンス、バレエ治療院あんじゅ
『足の親指の付け根が痛いのです』 足の一番大きな指が痛くなる症状として有名なのは、外反母趾です。外反母趾は遺伝でもなることがあります。 また、ハイヒールなど、靴による負担が原因になることも知られています。それ以外に、それぞれの指の形も関係があります。 Mさんのケースは外反母趾ではありませんでした。...

内転筋の肉離れ、バレエへの復帰、バレエ治療院あんじゅ
レッスンで違和感を感じて以来付け根の痛みがあり脚を開くことが難しくなってしまったKさん。開脚やグランパデシャでも開けなくなってしまったとのこと。 付け根と言うと、股関節に症状があるケースもありますが、今回痛めたのは内転筋でした。...

アラベスクラインの修正、バレエ治療院あんじゅ
中学の頃からトレーニングメニュー【ターンアウトアップ】を受けているMちゃん。高校生になっても月一のペースで通ってきています。 4月のセッションで出た一言は『お腹にスカイツリーをもってるみたい』でした。 ターンアウトアップではその時々で、取り上げるテーマは変わり、コンクールや発表会前にはヴァリエーションの調整をすることもあります。...

腰が痛いという場合、側弯が診られることが少なくありません。それは、首の一番大きな骨である第7頚椎周囲から起きているケース、胸椎と腰椎でカーブがあるケースなどそれぞれです。中には、健康診断で側弯を指摘され、診断を受けているケースもあります。...
ダンサーのアキレス腱痛、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ
腰部、骨盤周囲、膝関節周囲、そして足首周囲。バレエでは、大きな関節周囲にケガや不調が集中します。それは、スポーツも同様で、新体操やフィギュアスケートでも、股関節、腰部、膝、足首のケガは多く、野球やテニスの投手では肘の関節、サッカーでは膝関節を痛めるというのはニュースでもよく聞くことです。...

ターンアウト改善、アキレス腱が伸びたプリエのトレーニング
中学を過ぎてバレエを始めるということもありますよね。ミュージカルのオーディションや音楽学校の受験など、思い立ってからバレエを再開するということもあります。ただ、小学生、幼稚園で踊っていた経験があっても、10年近くバレエのレッスンから離れてしまうと、成長した後のカラダがうまく使いこなせない、ということも起きてきます。...

さらに表示する