このページは移転しました。

https://acucare-ange.com/403

バレエ整体+アロマトリートメントを受けたクライアントダンサーさんの感想

ロシア人ダンサーさんも納得のバレエ整体+アロマトリートメント

『本日は大変お世話になりました。
 
本人もとても良くなったよと申しておりました。
お忙しいところ施術をしてくださり、大変感謝しております。ありがとうございました。』

年明け早々の来日公演にきていたロシア人ダンサーさん、年末公演の疲れもあったのか不調を訴え来院されました。会話は英語でおこなったのですが、その後マネージャーさんからご連絡をいただきました。

 


カンパニーダンサー納得のバレエ整体

自分でどんなに調整しても、どうしても後少し足りない感じが、ピタリとはまって、すごく楽になったんです。あの感覚をもっとキープしたいんだけど。
 
カンパニーダンサー Sさま
 
バレエ鍼灸で、膝や腰の不調が治ってきたダンサー Kさん。ケガの最盛期が過ぎると、治療の最後に少し動かしてラインを整えていくことがあります。その感覚がとても良かったようで、次はバレエ整体で整えていくことになりました。
 
あんじゅのバレエ整体は、バレエの解剖学が基本となっています。元からカラダが柔軟なダンサーの場合、一般的な整体でも関節がほぐれたりするのは事実です。けれど、プリエやタンジュ、バットマン、ディヴェロペなどバレエのムーブメントは一般的なスポーツの動きとは全然違うものなのです。
 
腰から下だけ緩まればタンジュがしやすくなる、と言うものでははく、カラダ全体をアンドゥオールしやすくなる基本の姿勢に整えるからタンジュがしやすくなっていく訳なのです。後少し、わずか数ミリのラインを整えるバレエ整体
 
いろんなエクササイズ・セルフストレッチで今ひとつ踊りにキレがでなくなったと感じたら、バレエ整体のタイミングかもしれません。後少し、わずか数ミリのラインを整えるバレエ整体、それがバレエ整体+アロマです。


 


セルフケアとバレエ整体+アロマトリートメントの違いを感じられたダンサーさんの感想

大きなワークショップが終わって、また次のイベントのリハーサルで身体を酷使しているみたいで、セルフケアでは追いつかない状況となっていて、予約お願いします。
と連絡があったKさん。

彼女の悩みは、上半身特に首肩のコリ。ひどい時は頭痛もしてくるタイプのコリです。この日いらした時の状態もそれに近く、なんだか背中に首が埋まってしまってるようにみえていました。

日本舞踊に対して、バレエ・ダンスは脚踊りと言われるくらい、脚を使って表現します。でも、脚を自由に動かすにはしっかりとした上半身が必要。このマリオネットも、胴体の部分がふわふわでフラフラしていたら手足は自由に動かせませんよね。
バレエ整体
 
 バレエ整体+アロマでは、先ず一人ひとりのどこに歪みの元があるかをみてから施術を始めています。首肩の関節をほぐしていくと、余分な力が抜けてストンと肩もおりていきます。すると股関節もゆるむので、脚まで軽くなっていきます。

終わった後の感想はこちら
 
 
生き返った感じです。もう首がつまってどうにかなりそうだったのに、今は背中から脚までスッキリです。
どこに歪みが潜んでいるか判断するにはセルフケアではなかなかできません。外からの目を入れてしっかりケアをしていくこと、それが次のステージにための準備になります。

 

 


ずれた軸を取り戻すバレエ整体+アロマトリートメント

肩の荷がおりた~みたいな感じです。これなら回りやすそう(^^)
 
バレエ教室アシスタント Sさま
子供達のクラスを受け持っているSさま。普段の生活で、肩がコルようになったそうです。診てみると首から肩のラインに歪みが出ています。女性の場合、上半身の筋肉が男性より弱いため、肩と腕のコーディネーションにズレがでやすいのです。バレエの歪み=骨盤周囲、と思われがちですが、肩のコーディネーションがずれていると股関節の可動域にも影響があるのです。
 
カラダを車に例えると、肩=前輪、股関節=後輪になるのです。車は後輪だけでは走れないように、人も股関節だけでは踊れないのです。
 
Sさまのようなケースでは、先にたっぷり首と肩、腕からほぐしていきます。指圧は一切使わず、スムースに動けるラインを探してほぐしていくので、痛みは全くありません。終わった後は、この写真のようなグランスゴンに戻れている。
 
軸がとれないとピルエットに悩んでいる時、必要なのは腕と肩のラインかもしれません。

 


海外で踊っているダンサーさんもびっくり カラダのキレを取り戻すバレエ整体

え~どうして?ストレッチしてもどうにも伸びないところがあったのに、ぴったりはまった感じが出てて気持ち良いです。
 
ドイツ国立バレエ学校所属 Sさま
 帰国中に来院されたSさん。プロのダンサーを養成するバレリーナです。筋肉の質もよく、カラダも充分柔らかい。けれど、どうしても歪みがとれずにカラダのキレがなくなっていたそうです。
 
バレエは、ロンデしたりバットマンしたりする動作脚についつい注目しがちだけれど、大切なのは軸足。フェッテやピルエットで床が踏みにくくなっている時は、骨盤を中心に歪みが出ている証拠。微妙な違いがテクニックを左右します。
 
バレエ整体では、骨盤を中心に、首から足先までしっかり緩めていきます。特に大転子の周囲をしっかりほぐすことで、グランスゴンも楽になります。アロマトリートメントでは、膝下の筋肉をしっかり緩めることが大切なんです。軸足のセンサーは足裏にあるからです。
ダンサーの卵も納得のバレエ整体+アロマ。アロマオイルには、筋肉のコリを和らげる成分とセルライトを取り除く成分を配合。1997年から続く院長のアロマ経験に基づいたレシピです。

ふくらはぎの肉離れ後のケアにぴったりのバレエ整体+アロマトリートメント

もうびっくりしました。鍼でこんなに筋肉がゆるんじゃうなんて思ってなかったです。
マッサージと違って細かいところもゆるめられるんですね。
不思議なのはお顔の肌にもツヤが出てきたんですよ。
こういうのって前通ってた整体ではなかったからホントに面白いですね。
 
T さま
 
ふくらはぎの肉離れでいらっしゃいました。
今ではすっかり治って、メンテナンスにいらしています♪