こちらのサイトは移転しました。

移転先 https://acucare-ange.com/843

バレエ・ダンスの教えと解剖学との関わり

何故、今バレエで解剖学が求められているのか?

バレエについての解剖学もいろいろなアプローチが増えてきました。海外で踊ってきたダンサーさんが、ご自分の経験などを土台にカラダの使い方を解剖しているクラスは以前からありましたが、最近は医療関係者による医学的なアプローチも出てきています。

 

医療関係者のバレエ、ダンスへの探求は歓迎するところですが、ターンアウトするのにはこれとこの筋肉を意識する、とか、甲を出すにはこの筋肉を伸ばす、という部分的なアプローチは、治療という点から診れば効果がでる可能性はあっても、脚を開きクロスして立ち、プリエというカラダ全体のムーブメントを土台に踊っていくバレエの解剖学としては、かなり局所的な見方ではないかと考えています。

 

私自身、バー・アスティエやバレエのレッスンを受けている時には、筋肉の名前や場所を意識しているかというと実はしていない、のです。

骨や筋肉の場所や働きを意識しているのは、クラス前や自主練でのストレッチ、筋トレの時。

 

クラス中は、全身をどう引き上げまとめていくか、を先生の言葉を耳にしながら自分のカラダに語りかけていくのが普通で、どこか特定の部位、例えば膝の内側や仙骨にフォーカスしてしまうと、プリエのタイミングを逸したり、脚が逆に出なくなったりする、そういうことの方が多いのです。

 

では、何故、バレエを教えるのに解剖学が求められているのか?

 

1つには、日本特有の背景があると考えています。

 

日本でバレエが始まった時、キチンとしたメソッドを土台にしたスタイルで入ってこなかった。そこに尽きるのではないか、と。

 

今の日本では、ワガノワを始め、RADやチェケッティメソッドを教える有資格者の先生も沢山いるし、そういう先生が増えてきていますが、まだまだ多くの先生は、ご自分が習ってきた、教えてもらった方法を踏襲してクラスを作っています。
 
それでも、日本人の適応力と努力の積み重ねは素晴らしく、今では多くの日本人バレエダンサーが海外のカンパニーで踊っている。又、海外のコンクールでも多くてジュニアが入賞し、留学する、その素地を作ったのは先生達のお力があってこそ。

 

ただ、近年特にその傾向が強い子供の体力低下、不良姿勢、そして、ますます盛んになっているコンクールへの参加希望、更には、子育てを終えた世代の女性が大人になってからバレエを初めて習いポワントをはきたい人が沢山いるという傾向に、現場の先生方はとても苦労されているようです。

 

先生自身は、幼少からずっと踊ってきたため、できない、分からない生徒が何につまづいているのか、が見えてこないケースもあります。

 

このような状況に必要なのは、筋肉や骨の名前や場所や働きだけでなく、カラダ全体をバレエのムーブメントから見つめ直す視点なのだと痛感しています。

 

教えをしている中で、もっとこう伝えたいのにという時の土台になるのがカラダの仕組み。

 

生徒さんは、先生が語る言葉をとても頼りにしています。そんな先生の引き出しを沢山増やすこと、そのために必要な視点は、筋肉や骨だけでは足りません。感覚や神経的なアプローチも含め、バレエのムーブメントを解剖していくことが大切です。

その中で、重要なのが認知感覚です。どうしても視覚に頼りがちな感覚から、カラダの中の感覚を目覚めさせていく。

ここでもポイントは骨にあります。カラダをコントロールする感覚神経は骨と関わりが深いからです。そして、多くの骨は自分で触れることができるからです。

中足骨が揃っていればルルヴェが完成されるのか?

骨の感覚が大切だからと、パーツだけで考えると、逆に危険だったりします。

 
解剖学を含め、いろいろ研究されているH先生から質問されたのが、中足骨。
『市川先生は、中足骨が大事と言ってましたが、5本ある中足骨の長さが揃っていないから、外側に体重が流れてしまうんですか?』と聞かれました。

あんじゅでも、ルルベに立つときに足の指ではなく、この中足骨が大事であると話しています。
ルルベは、そもそも、爪先立ちではありませんよね。まだ筋力が弱く、カラダができていないジュニアだと、どうしても足指の力で立とうとしますが、ここから卒業できないと、キチンとしたルルベは完成されません。

で、キチンとしたルルベは、どこで支えているか、と言えば確かに【足底部は】(←ここ大事です‼︎)中足骨なのですが、だからと言ってこの骨だけでルルベが完成されるものでもありません。

バレエの先生方は、長年踊ってきているため、ご自分のカラダでできている部分をあえて意識する、ということは少なかったりします。

呼吸もその一つですよね。息を吸って吐くって、自然なことなので、敢えて複式とか脇に息を入れようとか意識しないと感じられなかったりする。

なので、ルルベの安定に中足骨の長さが関係しているのではないか、という説を研究者から聞き、自分でいろいろ試されていたようなのです。
バレエの甲を育てる、バレエの解剖学、
足部の骨の構造
最近、ちょっと気なるのがこういう傾向。もちろん昔もありましたが、ダンサーのカラダの構造に興味を持ち研究する人が増えているようなんですね。治療という面では歓迎する方向だとは思いますが、実際に踊ったことのない方には、ある意味本当のカラダのムーブメントは、解り得ないんです。

私もかつて、この筋肉が硬いからだ、と言われぎゅーぎゅー指圧され逆にアザになったこともあります。確かに脚が上がるためのバランスに崩れが生じているときに、骨盤から下のラインを整体することは、施術としてはあり、ですが、じゃあだからと言って、腰から下のラインだけ施術したからと言って、床で立ちバー無しで、スゴンディベロペのムーブメントが修正される、ものではありません。

床に立つ力、ボディを支える体幹、上に伸びるアライメント、そこまで診ないと本当の意味でのダンサーの調整にはならないんです。

これをルルベでいうと、仮に中足骨の長さが揃っていたら、強靭なルルベが完成するのか?というと、バレエの力学は、そんな簡単なことでは始まりません。確かに、中足骨は、5本のうち第5趾の長さは短いことがほとんど。そして、第2趾、第3趾が長い人はかなりいます。なら、5本が揃っていなければ、ルルベは完成されないのでしょうか?

もし、キチンとしたルルベを完成させるのに中足骨の長さが揃っていることが条件だとしたら、下で紹介する動画の生徒さんはプロにはなれない、ということになりますわね。でも、実際、中足骨の長さが全て揃っているダンサーの方が少ないのです。
 
バレエは、何年も何万時間もかけてタンジュを育てます。タンジュからタンリエを通しカラダをしっかり支えてルルベに立つことを訓練して、成長してもなお毎日レッスンでプリエ、タンジュからレッスンを始めます。それは、骨や筋肉だけの問題ではないからなんです。

カラダの隅々までバレエのムーブメントで必要な動きができるようにコントロールしていく、これはある意味、高度な脳トレに近い作業です。何故なら、一般的な日常生活には、バレエのムーブメントは全く存在しないからです。だからこそ、子供の頃から始め、続けていくことが大切と言われるのです。

中には、脚の長さが違うから修正しましょうと足底板を処方され、逆にカラダのアライメントが崩れてしまったダンサーもいます。

施術者にはもう少し、ダンサーのカラダだけではなく、踊りそのものに興味を持ってもらいたいものだと思います。一度も踊ったことがないのであれば、今なら大人でオープンに参加できる場が沢山あるのでトライしてみてほしいです。ポジションで立ち、そこから片脚で支えて、軸がブレないようにパを刻んでいくことがどれほど難しいか、それを体験してみると、どこか特定の筋肉だけの問題ではないと気づけると思います。
 
生徒たちはどうしても足や脚だけに目がいきがちです。けれど、先生は脚や足だけだ踊っていないはずですよね。解剖学は、踊るカラダの構造や仕組みをつかむためにあるのであって、バレエやダンスはムーブメント。
カラダの一部の筋肉だけの問題ではないことを思い出してほしいのです。