【バレエアナトミー】-バレエ教師向け、ケガをつくらず踊るカラダを育てるバレエの解剖学講座-

アンケート用紙をみると、3、4歳から習いに来ているのに【股関節が硬い、背中が硬い生徒が増えた。指導していても柔らかくなりにくい】と言う問題点を挙げています。
 
同様に
【プリエができない 】(膝下のが前に出る、お尻が出る、付け根がひける、踵が上がる、足首を固める)
【立ち方が直らない】ので【軸がとれない】『引き上げが伝わらない】
など、習得、体感してきたことを教えているのに生徒さんに伝わっていないと感じている先生が本当に多いようです。


だからこそと、教授法やピラティスも勉強し【教授法に沿って教えているのに、膝は伸びないし、つま先を固めてしまう 】と、手詰まりを感じている先生も沢山いらっしゃいます。
 
その他【子供ストレッチのさせ方は何がいいのか】【大人の指導でどう伝えるか 】というご相談、【痛いところがあると言われた時に適切にアドバイスをしたい】という治療院だからこそ聞きたい質問もあります。

 

これらを見ると、バレエ・ダンスの稽古場で、先生が感じている悩みの元は、伝えたいことが伝わってない、に尽きると言えます。

 


何故伝わらないのか?を紐解いていくと

ケガをせずにターンアウトをする土台を知るバレエの解剖学講座
バレエの解剖学講座
それを紐解く手法として、近年解剖学的な視点が取り上げられ、いろいろ解説するサイトや動画も出ていますが、多くは、筋肉の使い方やカラダのどこを意識すればいいかというものが多いようです。
 
けれど、カラダのどこを意識すればいいのかは、バレエのレッスンのエグゼルシスに全て含まれているんですよね。そうじゃありませんか?
 
例えば、ポールドブラ。
ポールドブラでは、肘を落とさないようにすることがとても大切。でも、どうしても肘のコントロールが効かない子がいます。そういうジュニアに『肘は落とさないでね、という先生の声は聞けてるの?』と聞いてみると、ほとんどの子がちゃんと認識しているのです。でも、実際のクラスではうまく出来ない、、、
 
この現状を解決するのに、肩を下げる筋肉や肘に関わる筋肉を知るだけでは足りないものがあるのです。

筋肉や骨以外に忘れてほしくい大切な要素

膝が伸びない、つま先が伸びないのには理由がある、バレエの解剖学講座
バレエの解剖学講座 受講の様子
伝えているのにうまく伝わっていない…を解決するのに必要なの要素、それが
カラダの仕組みがどうバレエというムーブメントに関わっているのか?という視点
なのです。
 
バレエに欠かせないプリエも同じです。
単純な膝の屈伸運動とは違うプリエ、とても大事だから伝えたいのに、どうしても生徒さんには伝わらない。
でも生徒さんは、《しっかりプリエしたいと思ってやってるんだけど膝がどうしても前に出てしまう》んです。
 
このようの状況で悩んでいる先生達に必要なのは、
動かすことだではなく、指示や注意を受け取る時カラダは、どういう反応をするものなのか?という視点なのです。


筋肉や骨とその働き+伝えたいことが伝わるための仕組みを紐解く=バレエの解剖学【バレエアナトミー】

受講された先生達からの声


◎ 腕のラインを直すだけで、ピルエットアンデダンがクルッと回れるようになったんです。
具体的にしかも踊りで学んでいくから分かりやすかったです。

これを識っているのを識らないのとでは大違いですよね。解剖学講座のおかげで、私のレッスン内容も変わってきて、生徒さんがメキメキ上達してきています✨✨正しく教えられていると自信も付きました。本当にありがとうございました。

 


バレエアナトミー 関連資料 Ⅰ

受講者内訳

バレエの解剖学講座 バレエ治療院院長が伝える踊るカラダの仕組み

バレエアナトミー 関連資料Ⅱ

受講者の方々

これまで45名の先生方が受講されています。その中でお名前の掲載がOKな方々のみ紹介させていただきます。

石田 綾子さま
上月 三里さま

木田 早紀さま

行徳 裕江さま

来栖 夕希奈さま

小谷 和恵さま

小室 恵さま

今野 真由乃さま

下祓 桃子さま

高杉 美江子さま

野崎 愛子さま

野尻 美妃さま

本田 恵実さま
山之内 里冴さま

若木 香里さま

 

あいうえお 順
バレエの解剖学講座 ケガにならない太い脚にならないクラスづくりのヒント

バレエの解剖学講座バレエアナトミー 受講までの流れ

バレエの解剖学講座、ケガにならない太い脚にならないクラスづくりのヒント 
バレエの解剖学講座 受講の流れ

バレエ解剖学講座バレエアナトミー よくある質問

バレエの解剖学『バレエアナトミー』 よくあるご質問
Q 他の解剖学と比べてどう違うのですか?
A クラシックバレエは一般のスポーツとは全く異なるカラダの使い方をします。
筋肉や骨の場所と名前を知る以外に、ディヴェロペではどの筋肉がどのように関係していくのかなど、バレエの運動学の視点にたった内容になっています。又、座学ではなく講師と受講者がともに動いて実践するワークショップスタイルとなっています。
この他の特徴として、ターンアウトしたいのにうまく動かせない背景にある、神経生理学、心理学的なアプローチも加わっています。
 
Q 講座を受けるのに、必要なものを教えてください
A 通常のレッスン着や動きやすい服装をお持ちください。又、テキストに書き込みをしていきますので、筆記用具もお持ちください
 
Q バレエではなくて、モダンやジャズダンスの教師は、受講できますか?A ハイ。受講していただけます。これまでに、モダンダンス、ジャズダンス、ピラティスを教える先生方が受けています。
 
Q 踊りを習っていて解剖学に興味があるのですが、受けることはできますか?
A 2017年より、現役のダンサーさん、劇団員さんに講座受講を解放します。
これまでに宝塚歌劇団の方々が受講されていたり、『今はプロで踊っているけれど、今後教えを始めるために学びたい』、『劇団の後輩を指導したい』、と言う声が集まっています。海外の学校に留学していてもカリキュラムに解剖学がない、または少ない所もあります。又、日本の劇団では解剖学を学ぶスタイルはまだ始まっていません。20代の内から、踊るための教えるための解剖学を識ることで、今後のキャリアアップにつなげましょう。
 
Q 教室への出張講座をやってもらうことはできるのでしょうか?
A 出張講座も行っています。内容ご要望は、個別にお問い合せくださいませ。
 
Q 予約と支払いはどうすればいいでしょうか?
A まず、第1回目の講座予約をお取りください。料金は、各1回ごと現金でお支払いください。
 
Q 都合が悪くなった場合にはどうすればいいでしょうか?
A スケジュールの変更については速やかにご連絡をください。代替え日を設定します。代替日が決まらない場合はキャンセル扱いとなり、キャンセルチャージがかかります。
 【注意とお願い】
 第1回目の講座三日前からキャンセル料が発生します。ご理解の上、お申し込みください。詳しくは、キャンセルポリシーへ

 


受講費

 講座料金
一人 ¥12,000×3回=¥36,000      
二人  ¥   9,000×3回=¥27,000(一人)

 

講座内容  90分×3回

 
前章 踊るカラダについて
Ⅰ章 トルソの解剖学


Ⅱ章 股関節から大腿部 アンドゥオールの解剖学


Ⅲ章 足部から脊柱 アプロンの解剖学
 
☆受講終了後、修了認定書をお渡しします

受付日程

月曜日~木曜日
11時~19時(最終受付)

予約方法

お教室の先生方同士、又助教として育てていきたい生徒さんと一緒にうけていただけます。
 

①メールフォーム

②お電話
 
近々の予約状況は、今月の予約状況(ニュース欄)をご確認の上、ご連絡ください。
それ以降の日程を希望する場合は、診療日、時間を確認の上、ご連絡ください。

電話受付 (11:00~21:00)

(注)

・休診日の電話予約は受け付けておりません。メールフォームからお問い合わせください。

・施術中はお電話に出られないこともあります。
・その場合は、ご伝言をお願いします。折り返しご連絡させていただきます。



解剖学紹介動画序章

解剖学紹介動画 ①


解剖学紹介動画 ②

解剖学紹介動画 ③